ブログ

統一原理より救われるまで【入信】③ 相馬浩

投稿者
CFC
投稿日
2021-01-08 14:28
閲覧数
7886
次に私たちは、実践トレーニング生として迎えられた。これは献身前の段階であり、これを二、三か月学んで献身していく段階である。統一教会における献身というのは、完全にこの世から離れてしまうと言っても過言ではない。何故なら会社もやめ、そして貯金や持ち物のほとんどを献品し、ホームと呼ばれる施設で生活するからだ。献身者は統一教会から少しお金をもらう事になっていた。でもそれは月々一万円程度であった。衣食住には困らないようになっていた。持ち物は衣服だけとも言えるくらい、皆、何も持っていなかった。

実践トレは伝道活動であった。友人伝道、街頭伝道、会社が終わって帰るとすぐ駅の前でアンケートを取りに行った。すべての人を救わなければという思いが強く、多くの人に声を掛けたが断られた。でも私たちはいつも祈りをもって進んでいった。

始まって半月ほどした時、父親の友人であり私の会社の専務である人から連絡があった。一度話をしたいとの事だった。このことを班長に相談したところ、「サタンはいつも家族、知人を通して私たちの信仰を落としていくので、十分注意を払う必要がある。」と言われた。まだ会社に勤務していたので、避けられない事であると思っていた。会う事に決め、専務とお話をした。

その専務は霊の世界は信じていたが、神の存在は否定していた。しばらくの討論となった。この専務の承認が得られないと会社はやめられなかった。最悪の場合はホームヘ隠れてしまえばと思っていたので、この時は承認されないままで終わった。けれど、その後の不安はなかった。専務は家族の承認をもらわなければだめだと言っていた。

数日後、父親から会社へ電話があった。あの優しい父親が今までにない口調で、私の頭がおかしくなったような事を言い、とにかく今すぐ休みをもらって帰省しなさいと言っていた。親には承認をもらって歩みたい自分だったが、自分の信仰を阻止するのはサタンだと思っていた。こんなにも早くサタンが自分に襲い掛かってくるとは、思っても見なかった。

工場長に理由を話すと休みは直ぐにもらえた。班長は、このことは十分よく祈りなさいと言っていた。帰省の時までは盛んに祈り、食事を抜く時も多くなった。でも辛いとは思っていなかった。皆が通過してきた道だからと、心に言い聞かせていた。そして何よりも、文先生の苦難に満ちた歩みが心の中にあった。

六月九日、朝五時の聖日祈蒔会に出席し、そして札幌へ向かった。この頃、普通預金は十万円ほどであり、往復の飛行機代を支払うと五万円しか残らなかった。「聖書」と「原理講論」と、「心の四季』と言う文先生のみことば集を持ち、札幌へ向かった。両親、妹にみことばを伝えるのだという思いで燃えていた。
合計 24
手順 タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
24
イスラエル旅行記(その3)
CFC | 2021.11.07 | 推薦 0 | 閲覧数 1529
CFC 2021.11.07 0 1529
23
イスラエル旅行記について
CFC | 2021.09.22 | 推薦 0 | 閲覧数 3443
CFC 2021.09.22 0 3443
22
統一原理より救われるまで【結び】相馬浩
CFC | 2021.04.19 | 推薦 0 | 閲覧数 3842
CFC 2021.04.19 0 3842
21
統一原理より救われるまで【救い】⑤相馬浩
CFC | 2021.04.04 | 推薦 0 | 閲覧数 4347
CFC 2021.04.04 0 4347
20
統一原理より救われるまで【救い】④ 相馬浩
CFC | 2021.03.19 | 推薦 0 | 閲覧数 6904
CFC 2021.03.19 0 6904
19
統一原理より救われるまで【救い】③ 相馬浩
CFC | 2021.03.05 | 推薦 0 | 閲覧数 7097
CFC 2021.03.05 0 7097
18
統一原理より救われるまで【救い】② 相馬浩
CFC | 2021.02.19 | 推薦 0 | 閲覧数 7158
CFC 2021.02.19 0 7158
17
統一原理より救われるまで【救い】① 相馬浩
CFC | 2021.02.04 | 推薦 0 | 閲覧数 7227
CFC 2021.02.04 0 7227
16
統一原理より救われるまで【入信】④ 相馬浩
CFC | 2021.01.22 | 推薦 0 | 閲覧数 7651
CFC 2021.01.22 0 7651
15
統一原理より救われるまで【入信】③ 相馬浩
CFC | 2021.01.08 | 推薦 0 | 閲覧数 7886
CFC 2021.01.08 0 7886